2009年09月

2009年09月10日

小沢健二さん PART2

小沢さんの曲のこと、書き足りないのでまた書きます。

『恋しくて』の歌詞に「♪いつもいつも君が恋しくて 泣きたくなるわけなんかないよ/思い出すたび なにか胸につっかえてるだけ/それで何か思っても もう伝えられないだけ」っていうのがあります。それって、すごく恋しいってことですよね。こんな出来事があった、こんな面白い話を聞いた、これをあの人に話そうって思うこと、人それぞれあると思います。それが出来なくなるって、すごく寂しいことです。恋しい気持ちをこんな風に表現できるなんて、やっぱりすごいなあって思います。

『流れ星ビバップ』に「♪そしていつか全ては優しさの中に消えてゆくんだね」というフレーズがあります。どこか死を思わせる曲です。死って悲しいし、恐い。でも、この曲はそういうマイナスイメージを想起させません。「優しさの中に消えてゆく」、すごく救われる言葉だと思います。曲の最後に「♪目に見える全てが優しさと はるかな君に伝えて」とあります。普段、なかなか気付きにくいことですが、優しさの中で生かされてることに感謝!ですね。

at 01:13|PermalinkComments(0)

2009年09月09日

高校生クイズ

9月4日に放送された高校生クイズを録画して後日見ました。
今年も全国から、クイズに情熱をかけた頭脳明晰な高校生が集まってました。
中でも去年出ていた漢字王子が今年も出ていて、相変わらず頭に「うながっぱ?」っていう帽子をかぶっていたのが嬉しかったです。
漢字王子、誰かに似てるな~って思って、もやもやしてたんですが、昨日誰に似てるのかが分かりました。たまの知久さんです。あ~、すっきりした。そうそう、漢字王子やそのライバルが分からなかった漢字を文学少女の高校生が正解してたの、かっこよかったな~。漢字王子でも、分からない漢字があるんですね。ちなみに問題は、「集る」「隠る」「舐る」をそれぞれなんと読むでしょう?でした。答えは「たかる」、「こもる」、「ねぶる」だそうです。
しかし、今年もやっぱりクイズのレベルも高校生のレベルも高かった!特に準々決勝の早押し問題はすごかったです。難しい問題文を全部聞かないうちに、早々と答えてました。ハラハラドキドキで面白かったです。
決勝戦は10問早く正解した方が勝ちだったんですが、延長戦にもつれ込む接戦でした。そして、優勝したのは奈良の東大寺学園高校でした。おめでとうございます。敗れた高校生にも健闘を称えたいです。

今までの高校生クイズは「知力体力時の運」をモットー?に遊びも取り入れてたんですが、去年から知力のみの勝負になりました。最初はちょっとがっかりしましたが、だんだん面白くなってきました。編集も去年より良くなったと思います。

小さい頃に薬で苦しんだという高校生が出てて、将来は薬関係の仕事をしたいと言ってました。恵まれた頭脳を社会のために役立ててくれるのは嬉しいことです。そういう高校生がたくさんいると、日本の未来も明るいですよね。

来年の高校生クイズも楽しみだな~。また漢字王子は出るのかな。ちょっと期待しています。

at 01:13|PermalinkComments(0)