2009年06月27日

将棋 67期名人戦

今期の将棋の名人戦が終わりました。羽生さん対郷田さんで、結果は4勝3敗で羽生名人が防衛しました。

去年から将棋ファンになった私は、66期の名人戦の大盤解説(3局目~5局目)に勇気を出して行きました。大盤解説に初めて行ったときに驚いたのが、お客さんがどんどん次の手を言って、その手はどうなるか大盤で検討しながら、解説が進んでいったことです。解説者とお客さんとの距離が近いんだな~って思いました。

今年も第6局目に行きました。場所は去年と同様、関西将棋会館で、解説は山崎隆之さんです。去年もいた小学生が前の方に陣取って、次の手を当てています。小学生、めちゃめちゃ強いです。去年よりも確実に棋力が上がってると思いました。それに引きかえ私は、まだハム将棋で平手で勝てません。友人に、毎週かかさずNHK杯将棋トーナメントを見てるのに、なんで棋力が上がらないのかと言われます。何故なんでしょうか。
大盤解説で、楽しみにしてるのが、次の1手クイズです。クイズの正解者は60人でした。そのうち12人に賞品の扇子や本がもらえます。賞品は早いもの順で、当たったお客さんが選びます。その中に、山崎さんの本が2冊あったみたいで、「最後に(自分の本)2冊が残ったら嫌ですね~」って山崎さんが言ってました。でも、山崎さんの本は割と早いうちになくなり、最初は喜んでた山崎さんでしたが、その次は「無理して持っていかなくていいですよ」と自虐的な一面を見せてました(笑)
私は次の一手問題、不正解でした。こういうとき、自分の棋力のなさが悔やまれます。

名人戦が終わり、次は棋聖戦の結果が気になるところです。羽生さんの防衛か、木村さんの奪取か、どうなるでしょう?!
あともうひとつ気になるのが、今年の近鉄将棋まつりに森内さんが来てくれるかどうか、です(笑)

at 01:36│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。